測定項目の解説

二酸化硫黄

二酸化硫黄は、石油、石炭等に含有される硫黄が燃焼して発生するものです。
高濃度で呼吸器に影響を及ぼすほか、酸性雨の原因物質となります。
〔環境基準:1時間値の日平均値が0.04ppm以下、1時間値が0.1ppm以下であること〕

窒素酸化物

主として一酸化窒素(NO)、二酸化窒素(NO2)の形で大気中に存在します。窒素酸化物は主に化石燃料を燃やすことによって発生するため、工場・事業場や自動車等が大きな主な発生源ですが、家庭など多種多様です。発生源からは大部分が一酸化窒素として排出されますが、大気中で二酸化窒素に変化します。二酸化窒素は高濃度で呼吸器に影響を及ぼすほか、酸性雨や光化学オキシダントの原因物質となります。
〔環境基準:二酸化窒素の1時間値の1日平均値が0.04ppmから0.06ppmまでのゾーン内またはそれ以下であること〕

一酸化炭素

一酸化炭素は、炭素または炭素化合物が酸素の不十分な環境で燃焼した場合(不完全燃焼)に発生する物質で、主な発生源は自動車排出ガスです。
高濃度になると頭痛やめまいを引き起こすだけでなく、血液中のヘモグロビンと結びついて呼吸困難を起こす場合もあります。
〔環境基準:1時間値の1日平均値が10ppm以下であり、かつ、1時間値の8時間平均値が20ppm以下であること〕

光化学オキシダント

光化学オキシダントは、窒素酸化物や炭化水素類を主とする物質が、太陽光線(紫外線)を受けて光化学反応を起こすことにより生成されるオゾンなど強い酸化力をもった物質の総称です。
光化学スモッグの原因となり、高濃度では粘膜を刺激し、呼吸器に影響を及ぼすほか、農作物など植物への影響も観察されています。
〔環境基準:1時間値が0.06ppm以下であること〕

浮遊粒子状物質

大気中に浮遊する粒子状物質(浮遊粉じん、エアロゾルなど)のうち直径10μm(1μmは1000分の1mm) 以下のものをまとめて呼んでいます。気道や肺胞に付着して呼吸器に悪い影響があるといわれています。
〔環境基準:1時間値の1日平均値が0.10mg/m3以下であり、かつ、1時間値が0.20mg/m3以下であること〕

微小粒子状物質

浮遊粉じんのうち、粒径2.5μm(1μmは1000分の1mm)以下のものをまとめて呼んでいます。浮遊粒子状物質よりも健康に有害な影響を与える可能性が高いとされています。
〔環境基準:1年平均値が15μg/m3以下であり、かつ、1日平均値が35μg/m3以下であること〕

炭化水素

炭素と水素が結合した有機物の総称で、メタン(CH4)と非メタン炭化水素(NMHC)から成っています。また、非メタン炭化水素は、ガソリン車、石油精製工場、塗装工場などから発生し、光化学オキシダント生成に関係するといわれています。
〔濃度指針: 午前6時から9時までの非メタン炭化水素の3時間平均値が0.20ppmCから0.31ppmCの範囲内またはそれ以下であること〕

環境基準
環境基本法に基づき、人の健康を保護し生活環境を保全する上で維持することが望ましい環境上の条件として定められています。環境基準は、受忍の限度あるいは許容限度というものではなく、環境改善と環境維持のため、行政上の目標基準とされています。非メタン炭化水素については、光化学オキシダント環境基準の達成のための濃度指針が定められています。

関連ページ

  • 大気常時監視結果(速報値)
  • 大気常時監視システムの紹介

コンテンツの制作と管理に関するお問い合わせ先

(株)神鋼エンジニアリング&メンテナンス
機電事業部 計電本部 システムエンジニアリング部
〒675-0137 加古川市金沢町1 (株)神戸製鋼所 加古川製鉄所内
電話:079-451-8058 Fax:079-451-8059
*本ページは神戸市環境局環境都市課から委託を受けて、株式会社神鋼エンジニアリング&メンテナンスが制作、運営、管理をしております。
測定値および光化学スモッグに関するお問い合わせ先
神戸市環境都市課
〒651-0086 神戸市中央区磯上通7-1-5 三宮プラザEAST2階
TEL:078-595-6215/FAX:078-595-6254
Copyright © City of Kobe. All rights reserved.