光化学スモッグが発生したら

自動車や工場などから排出される大気中の窒素酸化物とガソリンや溶剤などに含まれる揮発性有機化合物が、太陽の紫外線を受け、光化学反応を起こし、光化学オキシダントと呼ばれる酸化性物質(主成分はオゾン)を生成します。光化学オキシダントは、濃度が高くなると人の健康や植物など影響を及ぼします。

1)症状

光化学スモッグによる影響としては、目がチカチカしたり、喉に痛みを感じる場合があります。 このような症状が出たら、洗眼、うがいを行い、屋内に入って安静にしてください。それでも症状が改善しない場合や手足のしびれ、呼吸困難、けいれんなどの症状がある場合は、医師の診断を受けるとともに、環境局環境都市課へご連絡ください。

2)保育所や学校での対応

光化学スモッグ予報・注意報等が発令された場合に備えて、連絡体制を整え、被害が発生したときの対応や医療機関の確認をしておきましょう。

3)予報・注意報等の発令が出たときの対応

光化学スモッグによる健康被害を避けるため、予報・注意報等の発令時には、以下の点にご注意ください。

  • 屋外での激しい運動は中止し、うがいや洗眼を行なってから、室内に入りましょう。
  • 乳幼児、高齢者、体の調子の悪い方は特に注意し、室内で休みましょう。
  • 窓を閉めるなど、外の空気が室内に入らないようにしましょう。
  • 症状が速やかに改善されない場合は、直ちに医師の手当てを受けましょう。
4)光化学スモッグの発生を抑えるためにできること

光化学スモッグ予報・注意報等が発令されたときは、大気中の窒素酸化物や揮発性有機化合物の濃度を下げ、光化学オキシダントの生成を抑えるため、工場などに窒素酸化物排出量の削減や、不要不急の自動車の使用を極力自粛するようお願いしています。
市民の皆さまも不要不急の自動車の使用自粛などのご協力をお願いします。

関連ページ

  • 光化学スモッグ発令状況
  • 光化学スモッグ情報の配信および登録

コンテンツの制作と管理に関するお問い合わせ先

(株)神鋼エンジニアリング&メンテナンス
機電事業部 計電本部 システムエンジニアリング部
〒675-0137 加古川市金沢町1 (株)神戸製鋼所 加古川製鉄所内
電話:079-451-8058 Fax:079-451-8059
*本ページは神戸市環境局環境都市課から委託を受けて、株式会社神鋼エンジニアリング&メンテナンスが制作、運営、管理をしております。
測定値および光化学スモッグに関するお問い合わせ先
神戸市環境都市課
〒651-0086 神戸市中央区磯上通7-1-5 三宮プラザEAST2階
TEL:078-595-6215/FAX:078-595-6254
Copyright © City of Kobe. All rights reserved.